環境活動 Environmental practice

 

時代が求めた環境に優しい容器「ニューボトル缶」

私たち大和製罐は、「容器メーカーとして社会のために貢献する」を企業理念とし、その実現のため以下の機能を満たす容器「ニューボトル缶」の開発を行って参りました。

  • 飲料本来のおいしさをそのまま消費者の皆様にお届けする容器
  • 循環型社会構築・リサイクルに最適な容器
  • 消費者の皆様が要求する機能や便利さを提供する容器(リシール性)

「ニューボトル缶」は、製造工程での環境負荷を削減すると共に、リサイクルし易い容器です。

環境に優しい容器素材です

ニューボトル缶は金属製で、缶本体・キャップとも容易にリサイクルできます。
ニューボトル缶
金属缶(アルミ・スチール缶)はリサイクルし易く、
リサイクル率は80%以上に達しています。

製造時に水を使用しません

缶飲料が消費者の皆様に届くまでには、飲料自身の製造以外に、缶材料製造、缶製造、充填の各工程において水が使用されます。
私たちは、おいしさの源である水を大切にするため、水を使用しない缶製造工程で【ニューボトル缶】を製造しています。

環境負荷の少ない容器です

【ニューボトル缶】の缶胴は、PETフィルムで被覆されているため、内面塗装及び外面ベースコート塗装のオーブン工程を必要とせず、環境負荷の削減を実現しています。

水を使用しないため、廃水・廃液が発生せず、産業廃棄物が少ない容器です。

ニューボトル缶については、「製品紹介」「DAIWAテクノロジー」もあわせてご覧ください。

※こちらもご覧ください。
製品紹介 > ニューボトル缶
DAIWAテクノロジー(環境) > フィルム化