DAIWAテクノロジー Technology

 

内容物をまもるテクノロジー

内面コーティング

コンセプト

内容物と容器内面が直に接して色・香味等が劣化するのを防ぐ為に、容器内面を塗装またはフィルムでカバーすることにより、内容物の品質を保持する。

 
テクノロジーポイント

内容物を分析して、最適な内面コーティング仕様を決定する。

1) 内容物の分析要因の例

①PH
一般的には数値が低い(酸性)ほど腐食性は強くなる。

 

②酸度
一般的には高いほど腐食性は強くなる。
内容物中に含まれる有機酸の種類には、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、酢酸などがある。

 

○その他の要因には、塩素イオン濃度などがある。

 

2) 内面コーティングのしくみ

内面コーディングのしくみ
※こちらもご覧ください。
製品紹介 > 3ピース飲料缶
製品紹介 > 2ピース飲料缶
製品紹介 > ニューボトル缶
製品紹介 > ミニボトル缶
ニュース > 2010年キャンオブザイヤー3部門で受賞!!