知る・楽しむ Special

 

日本橋容器大学

海外留学編 第6回 築100年のフラットでガーデンパーティ(Aduki Beans缶)

レストランやカフェの外に置かれたテーブルを囲んで食事やお茶を頂きながら会話を楽しんでいる光景はロンドンのどこに行っても見られることから、食と人との交流を大切にしている国であることが伺われます。そのようなことで、年齢を問わず気楽なパーティを楽しむ機会も多いようです。

8月のある一日、私が住んでいるフラット(イギリスではアパートや、マンションなどの集合住宅をフラットと呼びます)でガーデンパーティが開かれました。私の部屋は3階ですが、1階にお住まいの方は結構広いお庭がついています。その庭にテントを張って、テーブルを幾つか置き、適宜に自由に座り、またあちこち歩いて次々と会話を交わしながら食事を頂きます。


写真1 築100年のフラット、イギリスは地震が少ない事古い建物を大事にする事から、このような建物が多いようです。

 

1時頃に来てくださいと言われておりましたので、その時間に伺いましたが、すでに数人の方がテーブルを囲んで楽しくお話をしていました。

庭に出るところに大きなテーブルが置かれ、食前酒用のグラスとワインその他のアルコールが用意されています。テーブルについて食前酒を頂いていると、お世話役のご夫人がクリスプス(ポテトチップスや、その他パリパリと砕ける食べ物)の盛り合わせを持って回ってきました。 数人のご夫人が前日からお手伝いをし、当時もサービスをしたり、パーティの運営を担当していました。

写真1は私の住むフラットで、昨年、築 100周年を迎えた建物です。ここの住民の親睦会のパーティでした。長年住んでいる方が多いので、高齢の方が多く、若い人は少ないようです。料理は手作りでしたが、最近はケータリングを活用するパーティも多くなっているとのことです。

写真2 気楽なパーティで食事を楽しみながらのんびりと過ごします。
写真3 様々な料理が準備されていました。

 

写真4 イギリスの代表的な家庭料理であるソーセージ。写真はポークソーセージ2種
写真5 ポテトサラダ イギリス人はジャガイモが大好きで、一人あたりの消費量は日本人の約2倍 だそうです。

 


写真6、7 Aduki Beans 缶 アジア原産の小豆も「 Aduki 」という英語となって定着しています。サラダ、煮込み、スープなどに用います。

豆の缶詰で  ADUKI BEANS No Added Sugar or Salt 表示されているものがありましたので、求めてみました。小豆の水煮缶です。こちらではどの位活用されているか判断しかねますが、大きなスーパーマーケット3箇所に行って調べましたら、メーカーは異なりますが、どちらもにもありました。

砂糖を加えてお汁粉にしてみましたが、まあまあおいしくいただけました。豆から作る場合より小豆の風味は多少劣りますが、大変便利に活用できます。塩味もついてなく、水煮ですので、各種の料理に用いることが可能です。
原材料名には Aduki Beans, Water,organically grown ingredientsと記されています。400g入り(固形分245g)で89P(日本円で約200円)です。賞味期限は2008年12月となっています。栄養価としては 100gエネルギー130Kcal、タンパク質7.5、炭水化物24.8g、脂質0.1gとなっています。

 

文:女子栄養大学名誉教授 吉田企世子