DAIWAテクノロジー Technology

 

環境のためのテクノロジー

IH缶ウォーマー(缶飲料加温)
コンセプト

省エネルギーの観点から缶飲料を温める電力を削減することにより環境負荷低減を実現可能にする。

 

テクノロジーポイント
テクノロジーポイント
加熱するしくみ
加熱するしくみ 加熱するしくみ

缶ウォーマーのメリット 従来の缶ウォーマーにくらべて
① 年間の消費電力・CO2排出量が10分の1以下に。
② 設定温度に対し、加温時間は約150分→約0.5分程度に短縮できる。

※秋~冬は1日に75本販売、春~夏は1日に37本を販売すると仮定した場合。
  既存ウォーマーの収容本数を75本。設定温度55℃。10℃→55℃まで加温。

缶ウォーマーのメリット 購入時、冷蔵棚(リーチイン等)より取り出した缶飲料をそのままクールで飲むか、
ホットで飲むかをその時の気分によって選択することができる。

加熱するしくみ
※こちらもご覧ください。
ニュース > IH缶ウォーマーの地球温暖化対策技術開発事業の新規採択案件の内定について
場長ダイアリー > 第6回 より安全で風味豊かなまま内容物を保持できる容器の開発に全力で取り組んでいます