現在のページトップページ先輩紹介 › [事務系社員]外山 紗希
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
外山 紗希
大和製罐を志望した理由
一言でいうと「直感」です。就職活動を始めた頃は、生活を広く支えている金属を扱う業界に携わりたいと考えていました。しかし、金属を扱う業界といっても様々な業種がある中で、自分のやりたいことが分からずにいた頃、大和製罐の採用ページが目に入り、製缶メーカーという業界を知りました。私はあまり馴染みのない、この業界が「直感」で面白そうだと感じました。調べていくうちに、「金属関係の業界であることに加え、老若男女問わず生活に身近なところで、自分が携わった仕事が形として残っていくな」と、自分のやりたいことと仕事がつながっていくという思いに変わりました。そんな製缶メーカーの中でも常に新しいことに挑む姿勢を貫いているという大和製罐が自分に合っていると感じ、この会社に決めました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について入社後は、半年間清水工場で実習を行い、10月より資材部に配属されました。資材部は缶やチューブ容器等を作るために必要な材料を調達する部門です。私が所属している資材第2課は、鉄やアルミ“以外”のフィルムやインキ、塗料、樹脂などを取り扱っています。
現在の主な業務内容はフィルムの需給管理です。フィルムを切らすことがないよう、工場の使用時期・使用量を把握した上で、フィルムメーカーの生産時期・生産量を調整しています。今後はフィルム以外の他の資材も担当していく予定です。
忘れられないエピソード
どんな仕事も多くの人が関わりあって成り立っているということを日々感じます。
大和製罐では、新入社員は半年間工場実習を行いますが、その実習で、ひとつの缶を作るのにも、生産を担い責任をもって良いものをお客様に届けようと汗水流す現場の方々や、その現場をフォローするために現場とお客様の懸け橋となっている方々、さらにはお客様や取引先の方々など、本当にたくさんの人が関わりあうことで仕事というものがあり、今の自分があるということを強く感じています。
仕事に案じる一番の魅力
私の業務が直接会社の損益に関わるところが一番の魅力であると感じます。資材部は材料の「購買」部門なので、購入価格が直接会社の利益を左右するため、その分プレッシャーも大きいですが、やりがいも感じています。
国内だけでなく世界にも目を向け、材料の値動きを迅速に把握・対応し、会社の利益に貢献できるよう日々業務に取り組みたいと思っています。
S
その日の自分の本能に従って過ごします。
社会人になると基本的には月曜日から金曜日は仕事をすることになるので、自分のやりたいことばかりすることはできなくなります。
そのため、OFFの日はその日の自分の気分で、やりたいことを目一杯やることにしています。今日はごろごろしたいなと思った日は漫画を読んだり、一日中まったりしています。逆にアクティブに過ごしたいと思ったら、友達を誘って遊びに行ったりしています。
OFFの日に自由気ままに過ごすことでリフレッシュでき、また次の5日間に集中して仕事に打ち込むことができます!
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
私自身、就職活動を始めたばかりの頃はやりたいことも見つからず、本当に就職なんてできるのかと悩むこともありましたが、そんな私でも今こうして楽しく働けています!
どんな道に進んでも大変なことや悩みはついて回るものですし、悩んでいる時は先が見えずに途方に暮れることもあります。しかし大和製罐の先輩方は私たちを成長に導くためにいつでも手を差し伸べてくれる温かい方ばかりなので心配は不要です!
就職活動で大変な時期かと思いますが、体調に気を付けて頑張ってください!
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社