ニュース一覧 News

 


ニュース

    日本缶詰協会主催第56回技術大会での発表について
〜「マイクロ波による食品加熱のシミュレーション解析に関する基礎研究」〜
 
 
 
 
更新日:2008年5月9日
 
 

 

 大和製罐㈱総合研究所第3研究室(工博)高富室長は、平成19年11月20日に日本缶詰協会が主催する第56回技術大会にて、「マイクロ波による食品加熱のシミュレーション解析に関する基礎研究」について発表しました。

第56回技術大会・会場風景
第56回技術大会・会場風景


 青山学院大学理工学部の橋本修教授と共同で電磁界解析※1シミュレーションを応用した食品加熱の温度分布の解析手法を研究している状況について、実用性の見通しを得ることができ、コンピューターシミュレーションの有効性と加熱ムラ抑制方法について報告しました。
※1:電子レンジ内で発生する電波の分布を可視化する方法)

 この研究により,電子レンジによる食品の加熱現象の解析やマイクロ波を利用した殺菌装置の開発における検証までのスピードアップが可能となり、また、構築した温度分布シミュレーションプログラムでは、伝熱現象の3要素を考慮しながら温度分布を直接解析し、実際の加熱結果をシミュレーションすることで従来まで困難であった加熱のメカニズムを短時間で精度よく解明することが可能となりました。
 これらの技術を応用・発展させ、マイクロ波による食品の加熱現象の迅速な解析、均一加熱に有効な加熱装置の設計指針・食品容器の設計などに応用していく予定です。


関連ページ:2007年10月22日ホームページ・トピックス
電子レンジで食品をあたためる時の温度ムラ低減
電磁波分布及び、温度分布シミュレーションアルゴリズムで共同特許を出願


発表内容詳細:
発表内容詳細をご覧になりたい方は、日本缶詰協会主催第56回技術大会発表内容をご参照下さい。