ニュース一覧 News

 


ニュース

    キャネックス2003でアルミスパイラルビード缶がキャン・オブ・ザ・イヤー・グランプリ(2ピース部門銀賞)、エレガンス缶が3ピース部門金賞を受賞!!
 
 
 
 
更新日:2003年4月7日
 
 

 

 弊社は2003年4月1日から3日間、シンガポールで開催された金属缶のコンテストである「キャネックス2003*注」において、スパイラルビード缶(宝酒造株式会社殿タカラCANチューハイスキッシュで出展)で、キャン・オブ・ザ・イヤー・グランプリを受賞いたしました。

  更に、同時エントリーしていました、エレガンス缶(日本コカ・コーラ株式会社殿ジョージアロイヤルマンデリンブレンドで出展)も、3ピース飲料缶部門の”金賞”を受賞し、2ピース、3ピース飲料缶部門でのダブル受賞となりました。

  スパイラルビード缶はビール、低アルコール、一般飲料等の缶容器の多様化に対応して、世界で初めて、アルミ2ピース缶で缶胴の外面にスパイラル上のビード(波状の凹凸)を入れ、外観と感触の差別化を図った缶です。

  今回のグランプリの受賞は、飲料缶としては特殊な作り方をせず、従来缶の技術の延長上に高い付加価値を付けた面が評価されました。
2ピース飲料缶250ml以上部門では”銀賞”、入場者の投票で決まる最高賞のグランプリでは逆転の受賞となりました。

キャン・オブ・ザ・イヤー・グランプリの弊社の受賞は、 キャネックス2000での”ニューボトル缶”の受賞以来2度目となります。

  エレガンス缶はコーヒー等の一般向けの缶容器としてエキスパンド成形により従来の缶には無い形状を表現し、形状の商品差別化を図るとともに、既存の自動販売機への充填も可能、又、充填ラインの改造も不要な缶であること等が高く評価されての受賞となりました。

*注:キャネックス2002は、2001年米国の同時多発テロにより開催されず2年ぶりの開催となりました。



※こちらもご覧ください。
DAIWAテクノロジー > エキスパンド成形・エンボス成形