知る・楽しむ Special

 

だいわ情報局 トップ

だいわ情報局~冬のあったかうまいもの編~ しんしんと冷え込むと温かいものが一層おいしく感じられます。全国の当社社員と大和グループ各社社員がお薦めする全国各地の“冬のあったかうまいもの”をご紹介します。寒い季節ならではのおいしいものをご賞味されてみてはいかがでしょうか。



寒鱈汁(どんがら汁)
三和缶詰(株)から
(山形県東村山郡中山町)

 寒鱈は一般的には真鱈のことを指しますが、山形県の庄内地方では、12月から2月頃の厳寒の時期に獲れる真鱈のことを特別に寒鱈と呼びます。この時期の真鱈は日本海の荒波にもまれ身が締まり、また、産卵のために回遊してくることもあり、丸々と太って脂がのりにのっていて、まさに日本海の冬の味覚の王者と言えるでしょう。
この寒鱈の身と、頭・内臓・骨(捨てるところはほとんどありません)をぶつ切りにして鍋に入れ、ネギや豆腐などと一緒に煮込んだ豪快な料理、それが「寒鱈汁(どんがら汁)」です。味は味噌仕立てで、内臓(白子や肝臓)から出るうまみたっぷりの汁と、淡白な鱈の身との取り合わせは格別です。食べる直前に、やはり同時期が旬である岩のりを入れると、さらに磯の香りが漂い、いっそう食欲をそそります。ちなみに、内陸地方ではネギや豆腐などを加えますが、本場庄内では、岩のりだけを加えるのが特徴です。



白子が寒鱈汁の決め手。岩のりを加えることで、一層風味が豊かになります。

 「どんがら」の由来は、「胴殻(どうがら)」が転じた語とされ、上身を取り去ったあとに残るガラ(頭・内臓・骨などのアラ)のことです。このガラと身を一緒に煮たアラ汁であることから、「どんがら汁」の名前がついたと言われます。
本当に美味しい「どんがら汁」を食べるには、寒鱈(重さ 7キロ~10キロの大きな魚です)を丸ごと一匹買わなければならないので、少人数の一般家庭では難しいかもしれません。毎年1月、庄内地方の各地(酒田・鶴岡など)では寒鱈まつりが開催され、多くの人が訪れ、冬の最高のご馳走を堪能します。皆さんもぜひ一度、本場庄内の「どんがら汁」を味わってみてはいかがでしょうか。



酒田日本海寒鱈まつりの味の暖簾街では、寒鱈汁のほか、
酒田の名物料理が味わえます(寒鱈汁は1杯500円)。
  同まつりでは、寒鱈解体実演も行われます。

 



<主な寒鱈まつり~参考~>
【酒田日本海寒鱈まつり】
・日時 平成21年1月24(土)・25(日) 10:30~15:30
・会場 中町モール、中通り商店街
・アクセス JR酒田駅より清水屋デパートまたは市役所方向(南西)へ、徒歩で約15分(約1km)
・主催 酒田観光物産協会(0234-24-2233)
   
【鶴岡寒鱈まつりin東京】
・日時 平成21年2月11日(祝) 10:00~16:00
・会場 江戸川区TOKIビル前広場
・アクセス 都営新宿線船堀駅前(南口バスロータリー正面)
・主催 鶴岡市東京事務所(03-5696-6821)
   
  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


益子のあったか いのしし鍋
真岡工場から
(栃木県真岡市)

 冬のあったかといえば、なんと言っても「鍋」でしょう。
真岡工場がある真岡市の隣町、益子町に他ではなかなか味わえないという、味噌味の
「いのしし鍋」が自慢のお店があります。 「いのしし鍋」の他にも「鴨鍋」「ちゃんこ鍋」など
の鍋があり、ボリュームたっぷりでどの鍋も最後にうどんを入れ、「煮込みうどん」にして
食べると心も体も温かくなること間違い無しです。
季節によっては山菜やきのこの天ぷらもあり、これまた絶品です。
お店は古風な雰囲気の平屋で室内も風情があり、少人数の場合でも「囲炉裏」を囲む席が
あるため家族や友人とでも楽しく食事が出来ます。
近くにお越しの際は、「いのしし鍋」を探してみては?


いのしし鍋   鴨鍋

 
ちゃんこ鍋  

【アクセス】    
益子町へは真岡鐵道真岡線で益子駅下車。
ご紹介したお店は、益子駅前から東北東方向へ県道230号線を約2km、
益子陶芸倶楽部の先約200mで左折し約500mにあります。
(住所は芳賀郡益子町大字益子3270。)
  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


房総に伝わる郷愁の雑煮
大和千葉製罐(株)から
(千葉市中央区)

 千葉の上総、特に山武郡を中心とした地域の正月の雑煮を紹介いたします。
はばのり(幅海苔)は、岩礁の波打ち際に生える海藻で、11月下旬から磯に芽を出します。今では、1枚500円以上もする高級食材で、はばのりをかけた「はば雑煮」でないと正月のような気がしないと言われるくらい、遠く郷里を離れた人たちの郷愁を呼ぶ食べ物です。はばのりは、縁起物で「年の初めに『はばのり』を食べれば、一年中はばを利かすことが出来る」と言われているそうです。


はば雑煮

 レシピを記載しますので、興味のある方は、美味しいので作ってみてください。はばのりは、スーパー等で買うことが出来るそうですが、売っていない場合は、通販やインターネットでも購入することが出来ます。はば雑煮を食べ過ぎて、横幅が広がるようなメタボにならないように気を付けてご賞味下さい!



はば雑煮のレシピ
【材料】
餅、だし汁(鰹節、醤油少々)、鰹節、はばのり、青のり

【作り方】
1. 鰹節でだしをとります。
2. 1に醤油を加え、雑煮の汁を作ります。
3. 餅を焼きます。
4. はばのりは、弱火であぶります(焦がさないように)
5. 雑煮を椀に盛った上に、あぶったはばのりを、もんでたっぷりのせて、鰹節、青のりを添えて完成です。

  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


歌のモデルになった老舗のたい焼き
本社から
(東京都中央区)
尻尾にもしっかり餡が入っており餡は甘すぎない程良い甘さ   初代の神戸清次郎氏が大阪出身であることから店名が
名付けられたとのことです。


 ご紹介するのは昭和50年代に大ブームをおこした、「およげ!たいやきくん」のモデルとなった老舗のたい焼きです。このお店の歴史は古く明治時代にまでさかのぼり今年で100周年を迎え、伝統を守り続けているたい焼きは、尻尾にもしっかり餡が入っており餡は甘すぎず程良い甘さで、外はカリカリ中はホクホクとたい焼き好きの人も唸らせる味わい深さです。

 たい焼きは、低カロリーで、ポリフェノールもたっぷり入っているという意外に健康的な食べ物です。とはいえ、食べ過ぎは禁物ですので気を付けてください。このお店にはたい焼きだけではなく和三盆ロールや焼きそば、そしてかき氷などメニューも豊富にありますので麻布十番を訪れた際には、伝統の味に舌鼓をうってみてはいかがでしょうか?

【アクセス】
東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線麻布十番駅を出て直ぐの一の橋交差点から西へ徒歩で1分。(約100m)


あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


しし鍋で心も体もぽっかぽか~
神奈川柑橘果工(株)から
(神奈川県足柄上郡)

 今回ご紹介させて頂くのは、丹沢湖の北、山奥の中川川(なかがわがわ)の両岸に開けている隠れた名湯「中川温泉郷」で話題の「しし鍋」です。



しし鍋
丹沢の恵みをふんだんに盛り込んだ味噌味ベースのお鍋です。
煮込むほどに軟らかくなる地場産の“しし肉”を使用しています。ビタミンB1やカルシウムが豊富なのも、うれしいところです。精がつくといわれ、食べるほどに体が温まります。
素材本来の深い味わいをお楽しみください。

 
丹沢山塊(さんかい)の清らかな清流と雄大な山々の自然美も一見の価値ありです。

丹沢湖
四季折々の表情を見せる雄大な大自然
  箒杉(ほうきすぎ)
樹齢二千年の国指定天然記念物。
根回り18m、高さ45mの巨木です。
この地を土砂崩れの被害から救ったといわれています。
 

中川温泉は信玄の隠し湯でもあります。永禄12年武田軍は2万余の軍勢で相模に侵攻し北条氏の本拠地・小田原城を包囲、北条氏康との合戦の後に兵士の傷を癒したとされています。また中川温泉はPH値がとても高く、全国屈指の高アルカリ性単純温泉で、とても滑らかな肌ざわりから「美人の湯」としても有名です。大自然に抱かれて心も体もぽっかぽか~



丹沢銘菓「丹沢の猪」
猪と温泉にちなんだお土産があります。 お腹には温泉マークが入っている大正11年創業の「盛月堂」さんの最中です。テレビでも紹介されたことがある隠れた逸品です。

【アクセス】
・小田急線をご利用の場合(新宿→新松田/小田原→新松田)
  新松田よりバス便(富士急バス)または送迎有
・お車をご利用の場合
東京方面 大井松田I.Cより R246清水橋経由約30分
名古屋方面 御殿場I.Cより R246清水橋経由約30分
   
【ご利用・お問い合わせ】
あしがら荘 0465-78-3621
   
 
  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


しぞぉ~かおでん
清水工場から
(静岡県静岡市)
ネタはすべて串にささっています。   静岡名産「黒はんぺん」が欠かせません。


 静岡名物ですっかりおなじみとなった食べ物と言えばおでん!静岡おでんは普通のおでんと違い、スープは黒く、ネタはすべて串にささっています。味噌と青海苔、だし粉と言われる魚の粉をかけて食べるのが特徴です。

 そしてネタで欠かせないのが静岡名産黒はんぺんです。静岡人にとってはんぺんと言えば白ではなく黒というのがあたりまえなんです。

 昔から静岡では、何処の駄菓子屋にもおでんがあり、子供のおやつとしても食べられているなつかしい味でした。近年、駄菓子屋も少なくなり、子供はコンビニおでんの味しか知らない現実、名物おでん屋台の減少によって静岡おでんは忘れ去られる危機・・・しかし最近多くのメディアで取り上げられ一躍有名に!居酒屋他、おでんを食べられるお店も増え、静岡おでんは復活しました! 今では県外から静岡おでんを食べに来る人も少なくありません。

 この時期身も心も温まるしぞぉ~かおでんを食べに来ませんか!?

 

あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


あつあつうまい!静岡おでん
金城機工(株)から
(静岡県静岡市)
おでん鍋   おでんの盛り付け


 日に日に寒さが厳しくなり、温かいものがおいしい季節になりました。そんなときに食べたくなるのがおでんです。静岡で「おでん」といえば、やっぱり「静岡おでん」ですよね!

大根・じゃがいも・こんにゃく・ちくわ・がんもどき・餅巾着・白滝・卵・厚揚げそして、静岡おでんといって忘れてはいけない黒はんぺん・牛すじ・もつを黒いスープで柔らかくなるまで煮込み、お好みで青のりやだし粉・みそだれをかけて食べるのが静岡流です。関西風のさっぱり味とは正反対で、みそだれをかけて食べるので少しこってり気味の味になりますが、それがまたおいしいんです!

そして静岡県民に一番人気と言ってもいいおでん種といえば、やっぱり黒はんぺん。一般的にいう「白はんぺん」とは色が真逆の黒い色をしています。黒はんぺんの原料は、サバとイワシです。これらを骨も皮も取り除かずにすり身状にし、練って作るので色が黒く、カルシウム豊富で健康にもいいんですよ!黒はんぺんは、静岡おでんにはなくてはなくてはならない存在なんですね。

B級グルメの祭典・第2回B-1グランプリでは第3位に輝き、おでんフェスタというお祭りまで開催してしまうほどのこの人気ぶり!これはもう、静岡に来たら1度は食べてみるしかありませんね。

  みなさんもぜひ、静岡に立ち寄った際には静岡おでんを食べてみてはどうですか?きっとおいしいと思うはずですよ。

     

あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


あつあつうまい!焼津おでん!
大井川工場から
(静岡県志太郡)

 焼津市の特産品は水産加工品を中心としてマグロ、カツオなどの水産物、鰹節、黒はんぺん、なると巻きの水産加工品です。「冬のあったかうまいもの」としてこの特産である黒はんぺん、なるとを使った「焼津おでん」を紹介します。

焼津おでんのねたはすべて串刺しで、焼津ならではの具が入っている、これが焼津おでん!です。おでん鍋の中では真っ黒いスープに竹串がニョキニョキ出ていて全国的に有名な静岡の「しぞぉ~かおでん」と同様ですが、竹串を持ち上げてみると、「黒はんぺん」に「なると巻き」、「カツオのへそ」と焼津ならではの具材が入っています。

「カツオのへそ」、実はカツオの心臓です。へその形に似ていることからこう呼ばれています。一匹に一個しかとれない貴重品。新鮮なカツオが水揚げされる焼津だからこその食材です。「マグロの尾の身」というメニューもあるそうです。マグロのしっぽの部分です。
焼津市のなると生産量は日本一。「なると」が一本まるごと串に刺さって入っています。
黒はんぺんは、「静岡では白いはんぺんを見ることはない」といわれるほど静岡で人気がありますが、実は静岡市特産です。いわしやさばを骨と皮ごと練って作るので、歯ごたえも抜群です。

静岡に立ち寄った際には「静岡おでん」だけではなく、「焼津おでん」を食べに焼津まで足を伸ばしてみては如何でしょうか。

平成20年11月1日に大井川工場のある大井川町は焼津市に編入する形で合併をしました。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。


おでん鍋   おでん盛り付け

黒はんぺん   なると

 



  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


梅田スカイビル・ドイツ・クリスマスマーケット
大阪事務所から
(大阪府大阪市)
会場入り口。左奥に見えるのはメリーゴーランド。 焼きたてドイツソーセージ
マグカップ付のホットワイン


 毎年、11月中旬からクリスマスまで、大阪の梅田スカイビル1階広場では、ドイツ・クリスマスマーケットという催しが行われます。 広場には、ドイツの様々な屋台、世界最大級といわれるクリスマスツリー、アンティークのメリーゴーランドなどがあります。

 屋台には色々な食べ物や雑貨などが販売されていて、なかでも、焼きたてのソーセージはとても美味しいです。2種類から味を選べ、パンとセットになっています。
 その他にも、陶器のランプや民芸品、焼きアーモンドやクッキーなどがあるお菓子の屋台はドイツらしい雰囲気でとてもカワイイです。

 冬の時期での屋外なので、寒いなか飲む温かいグリューワイン(ホットワイン)はとても体が温まっておいしいです。
日本にいながら、ドイツの雰囲気が味わえるこのイベントは、毎年楽しみです。

【アクセス】
JR大阪駅から北西方向へ徒歩で約10分

あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


あったか豚まんがあるとき~~♪
新日本工機(株)
信太山工場から
(大阪府堺市南区)

 風が肌寒く感じられてきた頃、各地で「ああ、冬だな。」と感じられるものを見かける様になります。コンビニ等に並びはじめる「肉まん」「おでん」です。レジのそばでホカホカと湯気をあげ、蒸気を発して、思わず「下さい。」と声をかけてしまう魔法の食べ物です。

 その「肉まん」ですが、全国的には「肉まん」「あんまん」「カレーまん」「ピザまん」など、非常に様々な種類がありますが、大阪では真っ先に「豚まん」が思い浮かびます。 (一般的に大阪では、「肉まん」の事を「豚まん」と呼んでいます…) その「豚まん」ですが、大阪や関西圏にこられた事の有る方は、ご存知の方もおられるかと思いますが、「551蓬莱」の「豚まん」が特に有名ではないでしょうか? (ほかにも有名な豚まんはありますが…)
主要な駅やおみやげ物街など、色々なところで見かけます。

手作りでつくられている豚まん   割るとホカホカの餡が顔を覗かせます

 「551が、あるとき~~♪。ないとき~…。」というフレーズのTVコマーシャルが超有名で、おそらく関西の人は誰でも知っているのでは無いでしょうか?
あるとき~~(551の豚まんを手にもって帰ったとき)には、家族全員がハイテンションで、ないとき~(手にみやげが無かったとき)には、家族全員が元気がなくなるというCMで、多くのバリエーションが放送されています。

 肉厚でもっちりした生地に、しっかりとした味付けのされたジューシーなアンが食欲をそそります。肌寒い中、ほっかほかの豚まんに、からしをちょっとつけてほおばると、体全体が温まってきます。ただし、あまり急いでほおばると、やけどをするので程ほどに…

 関西に来られた際には、是非、ご賞味されてはいかがでしょうか?

     

  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


広島といえば、牡蠣牡蠣・牡蠣!!
広島工場から
(広島県廿日市市)

 広島の冬と言えばコレしかないでしょう! 牡蠣・牡蠣・牡蠣!!
瀬戸内の温暖な海で育った牡蠣は「海のミルク」と言われ、たんぱく質やミネラル、ビタミンを バランスよく含み、グリコーゲンで元気モリモリになっちゃいます!!

 そんな広島の牡蠣を使った郷土料理として有名なのが、牡蠣の土手鍋です。
この料理は、鍋の周りに味噌を塗りつけ、牡蠣と豆腐や野菜をだし汁でときながら食べる、 鍋の周りに土手のように塗ってつくるところから、「土手鍋」という名前がついたとか!
好みにより土手をくずして味を調整しながら食べるのがコツ!
これには日本酒との相性もばっちり。

そして土手鍋と両肩を並べるのが、何といっても殻付きの焼き牡蠣。 炭焼きにしたら香りといい味といい最高!
ご家庭でも手軽にでき、広島の冬の集まりは『牡蠣を焼いて食べよーやぁー!』が合言葉。

 広島ではいたるところのお店で食べさせていただけますが、今回は広島工場近くで牡蠣の水揚げ漁港(通称:オイスターハーバー)にあるお店をご紹介します。

 
  ←水揚げされたばかりの牡蠣がずらり!


お持ち帰りや地方発送の販売を主として扱っていらっしゃいますが、その店の奥に進むとバーベキューセットが待ち受けます。
日本三景「安芸の宮島」も目の前で、最高のロケーション☆
『すみませーん。殻付き牡蠣を・・・!』と注文すれば、磯の香りいっぱいのゴツゴツした牡蠣の登場!
網の上にワイルドに並べられた牡蠣は、やがてパチパチと音をたて殻を開け始める。
その殻の口からジューシーで栄養万点のエキスが零れ落ち、ますます香りが漂い生唾ゴクリ!

   

 『いただきまーす』 殻の中のプリンとした身をつまんで、フーフーしてお口のなかへ!
サイコー!! 幸せー! まさに身も心も暖まり至福のひとときです☆
レモンを少し落としたら、なお美味しい!!
おっと、焼き牡蠣にはビールが最高かな?!

広島工場にお越しの節は、是非焼き牡蠣を堪能してください!


【アクセス】
牡蠣の水揚げ漁港(通称:オイスターハーバー)へは、
JR山陽本線宮島口駅から海岸沿いに南方向へタクシーにて10分。(約3km)
広島工場より海岸沿いに北方向へ徒歩10分。(約500m)

  あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る


「ふくの本場山口」へおいでませ
(株)ベルポリエス
テルプロダクツから
(山口県防府市)

 今回ご紹介させて頂く「あったかうまいもの」は、「ふく」です。
「ふく」というのは山口県下関市では「河豚(ふぐ)」の事を指します。福につながる事から「ふく」と呼ぶようになったという説や、処理した身をさらし(布)に巻いて一晩寝かせて刺身を引くので「布久」と呼ぶようになったなど、色々な説がありますが、山口県では通称「ふく」です。ふくの町下関という呼び名は山口県外の方でもご存知なのではないでしょうか。

冬と言えばやはり鍋。ふくの鍋と言えばふくちりです。
水から昆布を入れて煮立て、沸騰したらすぐに昆布を取り出します。その時、日本酒を加えてもよいそうです。だしの中にふくのあらを入れます。煮えにくいものから順に具を入れていきます(くずきり、豆腐、きのこ類、白菜、ローマ <春菊の一種> )。刺身と同様、ポン酢ともみじおろし、刻みねぎで頂きます。淡泊なのに何とも言えない味があるふくちりは、冬の一番のごちそうです。
そして、ふくちりを一通り食べた後の雑炊が美味しい。身を全部鍋から出してから、微量の塩で味を整え、冷たくしたご飯を入れて、火力を強くします。ご飯に十分熱が通ったら、溶き卵を入れてふたをして蒸らします。でき上がりに刻みねぎをふりかけて頂きます。最後の締めにはもってこいのあっさりした味になっていて、いくらでも食べる事ができそうです。

ふくちり
ふくぞうすい
ふくちり ふくぞうすい
(C)ShimonosekiFukuRenmei   (C)ShimonosekiFukuRenmei


ふくにはその他にもお刺身、唐揚げと色々な食べ方をする事ができ、ふくのひれを香ばしく焼き、熱燗の中に入れて飲む、ひれ酒もふく独特の香りを楽しむ事ができます。

本場下関のふくを一度食べに是非山口県においでませ!

 

  あきかんはリサイクルへ

 地図へ戻る


財布の中身は心もとないけど、
お腹の中ぐらいはあったかほくほく!
(・・・に、なりたか)
大和容器(株)
福岡工場から
(福岡県筑後市)

 百年に一度と言われるぐらいの経済不安が広がっています。明日はわが身の厳しい社会情勢の、みんなの財布の中身は木枯らしが寒々しく吹いていますね。不安や不満もたくさんあるけど、政治家や行政のトップに奮闘してもらい、明るい話題の多い丑年になるよう期待しましょう。ところで、丑(ウシ)と言えば、やっぱりお肉ですよね。お肉と言えば、ロースにカルビ・サーロイン・・・。おいしい焼肉は、最高ですよね。財布と体重に優しくないのが、たまにキズですが・・・。厳しい!不安だ!の中で始まる2009年、お腹の中ぐらいはあったかほくほくになり、ささやかな幸せを味わいたいものです。

 それでは、当工場から紹介するのは、財布に優しく、体にも良くて、福岡の鍋と言えば、やっぱり 「もつ鍋」 です。


 ところで、「もつ」って、どこのお肉かみなさんはわかりますか?普通お肉で「もつ」と言うと、ホルモンのことと思われている事が多いのですが、元来は、内臓のお肉の事を総称して、「もつ」と言うんですよ。内臓肉を使ったお鍋は、すべて「もつ鍋」と呼んでいいと思います。

 もつ鍋は内臓肉を使っていますので、低カロリーで体に良いです。ビタミン・ミネラルが豊富でコラーゲンもタップリ。その上、肉以外の主な材料といえば、キャベツ・ニラ・にんにく・唐辛子などですが、どれをとっても栄養満点で、厚生労働省で言われている、一日に必要な野菜摂取量350グラムが、「もつ鍋」一食で十分に採ることが出来ると言われています。(肉だけじゃなく、野菜もしっかり食べましょうね)

煮込むと量も半分程になるので、野菜をたっぷり入れます。
 
形にこだわらず、自分達の食べたい具材を入れて、
みんなで食卓を囲んで、楽しく食べるのがやっぱ一番でしょう!
   

 

食べ終った後のスープにちゃんぽん麺を入れて、スープがなくなるまで煮込んで食べるのが、これがまた最高にうまかとです。

あきかんはリサイクルへ

地図へ戻る